家庭教師も厳しい時代になりました。


by i8sr1gjc21

<   2010年 01月 ( 8 )   > この月の画像一覧

 インフルエンザ治療薬のタミフルを処方された人のうち、5日分すべてを飲みきらず、自己判断で服薬を中止していた人が5人に1人いたことが、健康日本21推進フォーラム(中央区)の調査で分かった。

 調査は昨年12月、過去1年間に新型や季節性のインフルエンザにかかったことがある20〜60代の男女500人を対象にインターネットで実施した。

 インフルエンザと診断されてタミフルを処方された場合、たとえ症状が緩和されても十分な治療効果を上げ、周囲への感染の広がりを防ぐには、処方された5日分をすべて飲みきる必要がある。

 しかし調査では、5日間、飲み続ける必要性を知らなかった人が3割おり、自己判断で服薬を中止した人も2割いた。

 飲み残した理由としては「症状が改善されたから」が最も多く、「副作用が出た、副作用が心配だったから」「飲み忘れた、面倒になったから」が続いた。また飲み残した人の約半数が「副作用で異常行動を起こすのではないか」と心配しており、異常行動への懸念が飲み残しの原因にもつながっていることを示した。

 一方で、飲み残した人のうち、服薬方法について医師から説明を受けた人が7割、薬剤師から説明を受けた人は4割にとどまった。

 中原英臣・同フォーラム理事は「タミフルの薬価は309円で、1日分2カプセルで618円。医療機関にストックされている在庫に加え、新たに生産・供給された分がすべて処方されたと仮定すると、5人に1人にあたる240万人が1日分を飲み残したとして、約15億円が医療費の無駄が出た計算になる」としたうえで、「正しい用法を守るよう服薬指導の充実が必要」と指摘している。

【関連記事】
【インフル講座】タミフル耐性とは?
タミフルに耐性もつ新型インフルウイルス 和歌山県内で初確認
新型インフル ネットで発生状況告知 神戸市がシステム構築
上手な薬の飲ませ方 食べ物に混ぜたり、スポイトも利用
新型インフル 韓国の死亡女児からタミフル耐性の変異ウイルス

<通貨偽造>金庫の1万円札抜き取り、コピーを戻す 孫逮捕(毎日新聞)
万引き容疑者、飛び降り死亡=警官追跡中、12階屋上から−大阪(時事通信)
協和発酵キリン、中期経営計画を発表(医療介護CBニュース)
<訃報>谷本守さん81歳=元鹿島専務(毎日新聞)
普天間「民意は重い」=次期名護市長と会談−小沢氏(時事通信)
[PR]
by i8sr1gjc21 | 2010-01-30 23:18
 24日午後4時19分頃、東北地方で地震があり、青森県東通村で震度4を観測した。

 気象庁によると、震源地は同県東方沖で震源の深さは約10キロ、マグニチュードは4・5と推定される。

 この地震による津波の心配はないという。

<政教分離訴訟>原告笑顔で会見 「地域の施設」困惑も(毎日新聞)
<民主>陸山会事件の捜査長期化を懸念 小沢氏「信念貫く」(毎日新聞)
まるで母娘旅行!24日から真剣5番勝負…女流名人位戦(スポーツ報知)
デモ参加者に催涙スプレー 容疑の高3「かっとなった」(産経新聞)
普天間移転の候補地徳之島 地元町長は官房長官と面会拒否(J-CASTニュース)
[PR]
by i8sr1gjc21 | 2010-01-29 14:50
 仙谷由人国家戦略・行政刷新担当相は21日の衆院予算委員会で、野党時代に西松建設からの献金問題で当時民主党代表だった小沢一郎氏の辞任を求めていたことについて「単なる野党の一代議士だったから」と釈明した。その上で、現在は小沢氏の辞任を求めていない理由について「今は行政府の一員という立場であり、そのことも含めて自らの発言を律しなければならない」と述べた。

 立場が変われば主張も変わるという意味のようだが、深読みすれば、今も小沢氏に辞任を要求したいのはやまやまだが、閣僚という立場上、やむを得ず自粛したというふうにも受け取れる微妙な発言だ。

 もともと小沢氏と距離を置いてきた仙谷氏は昨年3月の時点では、西松建設献金事件で当時代表だった小沢氏の公設秘書が逮捕されたことを受け、「衆院選に向けて必死にやっている候補者を巻き込まないため、自主的に政治判断すべきだ」と辞任を求めていた。

「今でも信じられず、実感わかない」=不明3カ月で両親−島根女子大生遺棄(時事通信)
小沢氏関係の団体、不明朗な出入り15億円(読売新聞)
政教分離訴訟 「市有地に無償で神社」は違憲 最高裁(毎日新聞)
石川議員の辞職求めず=鳩山首相(時事通信)
産業ガスで価格カルテルか=大陽日酸など十数社立ち入り−公取委(時事通信)
[PR]
by i8sr1gjc21 | 2010-01-28 12:56
 厚生労働省が1月15日から22日まで実施した「2010年度診療報酬改定に係る検討状況について(現時点の骨子)」への意見募集に対し、日本精神科病院協会(日精協)は、入院基本料の増額と共に、精神科の慢性期治療を提供する病院が算定する「精神療養病棟入院料」や「認知症病棟入院料」の評価の引き上げなどを要望した。

 精神科に対する診療報酬では、「精神科急性期治療病棟入院料」や「精神科救急入院料」が08年度に増額されるなど、救急医療への評価が手厚くされているが、日精協は「(精神科では)急性期における治療と慢性期における双方の医療提供が必要」と指摘。慢性期治療への診療報酬上の評価引き上げを主張した。

 一方、精神科の慢性期入院医療に対して「現時点の骨子」では、「状態像によらず一律の評価となっていることを見直し、重症度に応じた加算を新設する」としているが、日精協では「十分な病態像の調査も行われていない現在、これに着手するには準備不足と言わざるを得ない」「全く理解できない」などと抗議した。

 このほか、アルコール依存症の治療に関しては、専門的な治療プログラムが必要な入院患者の数に応じて入院基本料に加算する仕組みの導入を主張。また、うつ病に対する「認知行動療法」については、他の精神科専門療法と同じ日に実施しても算定を認めるよう求めた。

■2次救急への評価充実など要望―医法協

 一方、日本医療法人協会(医法協)は、2次救急医療機関が算定する「救急医療管理加算」と「乳幼児救急医療管理加算」について、評価を引き上げるとともに、「意識障害または昏睡」などの場合に限って算定を認める現在の仕組みを見直し、無条件で算定できるよう要望した。
 医法協はまた、「現時点の骨子」が看護師不足問題を「著しく軽視している」と指摘。一般病棟入院基本料7対1と10対1に対してのみ、看護職員の月平均夜勤時間を72時間以内にする要件を満たせない場合の評価を新設するのではなく、この要件そのものの緩和を求めた。

 また全国保険医団体連合会は、高齢者の長期入院で報酬が減額になる現在の「後期高齢者特定入院基本料」に対して、「老人の追い出しにつながっている」と指摘。「現時点の骨子」に盛り込まれた減額措置の全年齢層への拡大をやめ、同入院基本料そのものを廃止すべきだと主張した。このほか、病院勤務医の負担軽減につなげるため、現在は特定機能病院を除く急性期病院だけに認められている「医師事務作業補助体制加算」の算定をすべての救急医療機関に拡大するよう求めた。


【関連記事】
ここまで進んだ 10年度診療報酬改定めぐる審議
精神障害者福祉の見直し求め要望書―日精協
自閉症、脳内の神経の働きと関係−浜松医科大
統合失調症治療薬をFDAに申請―大日本住友アメリカ
【中医協】「救命救急入院料」の要件緩和を−基本小委初のヒアリング実施

<常用漢字>2次試案への意見 文字の追加や削除で244件(毎日新聞)
<静岡空港>ピンクの妖精飛来 FDA3号機がブラジルから到着(毎日新聞)
犯罪死見逃すな!検視強化へ研究会…警察庁(読売新聞)
ネット調査 7割「小沢氏、議員辞職を」(産経新聞)
元国税査察官を停職処分=女子中生にわいせつ行為−東京国税局(時事通信)
[PR]
by i8sr1gjc21 | 2010-01-26 18:00
 今通常国会で財務相として論戦デビューした菅直人副総理兼財務相が存在感を示している。もともと論戦を挑んでは相手を追い込む「野党型」だが、得意の政治改革や成長戦略では長広舌の政策アピールを展開。挑発にカッとなる「イラ菅」ぶりも健在。自らの偽装献金問題や対検察発言で防戦一方の鳩山由紀夫首相とは対照的な姿を印象付けている。

 22日の衆院予算委員会。菅氏のボルテージが一気に上がったのは、自民党の茂木敏充幹事長代理が政府の経済成長戦略の基本方針を「欠陥商品だ」と断じた時だった。基本方針は菅氏の肝いりで昨年12月にまとめたもので、これが菅氏のかんにさわった。

 「これまでの政権の政策がなぜ達成されていないか。政治的リーダーシップに欠けているからだ。今笑っている皆さんが胸に手を当ててみてください」と野党席をにらみつけながら反論した。

 公明党の井上義久幹事長が、自公政権が作った09年度第1次補正予算を鳩山政権が一部凍結したために「経済対策の空白ができた」と指摘。鳩山首相の認識をただした質問だったが、菅氏が答弁に。井上氏の「首相に聞いているんです」の言葉に耳も貸さず、「中身を変えないと改革できないから凍結した」と反論し、逆に緊急経済対策を盛り込んだ09年度第2次補正予算案への賛成を求めた。

 ただ、この日のパフォーマンスは、菅氏得意の「押しの強さ」を見せたもの。財政政策など菅氏独自の経済運営全般に対する考え方は披露されず、本格的な経済論戦までには至らなかった。【坂口裕彦、野原大輔】

【関連ニュース】
菅財務相:沖縄返還密約文書 財務省へ調査の徹底を指示
菅副総理:財務相就任後も官邸で会見「内閣全体に目配り」
為替:菅氏発言で閣内見解分かれる
菅副総理:「全閣僚で合宿」提案 内閣一体感を演出狙い?
菅財務相:予算組み替え本格着手…拡大閣僚懇で意見交換

小沢氏側への裏献金 山崎建設「5000万渡した」 大成側否定「自ら使った」(産経新聞)
長野の村井知事“ダンマリ戦術”の理由とは?(産経新聞)
<桜の開花予想>ウェザーマップが新規参入(毎日新聞)
「アバター」が作品賞、監督賞の2冠−米Gグローブ賞(時事通信)
橋下知事提案「大阪版・事業仕分け」スタート(読売新聞)
[PR]
by i8sr1gjc21 | 2010-01-25 19:45
 ■原告悲願、排ガス対策壁板も設置

 兵庫県尼崎市の公害患者が排ガスの排出差し止めなどを求めた尼崎公害訴訟で、和解条項に盛り込まれた、国道43号に架かる巨大歩道橋のバリアフリー化が和解から10年を経てようやく動き出すことになった。歩道橋には4基のエレベーターや、排ガス対策用の壁板が設置される予定で、平成24年の完成が予定されている。

 バリアフリーにリニューアルされるのは東本町歩道橋(尼崎市東本町)。片側4車線の国道をまたぎ、長さは50・2メートル、高さは4・8メートルあり、国道を通る大型車により、強い振動が起きることもある。

 国道43号は尼崎市を東西に貫いている。阪神大物駅や県立尼崎病院など、利用頻度が高い施設の多くは国道の北側に位置するため、南側の住民は歩道橋での横断を余儀なくされる。しかし、ぜんそくなどを患った高齢者らが階段を上り下りし、排ガスの中、この歩道橋を渡るのは大きな負担になっていた。

 平成12年の和解条項では、「(旧建設省は)国道43号の歩道空間のバリアフリー化の検討や、沿道に配慮した道路緑化の推進に努める」と記されたが、その後の国交省側と原告団側の交渉は難航した。原告団側が「バリアフリーだけではなく、排ガス対策も必要」と訴えたのに対し、国交省側は「和解条項にない」などとして反発。エレベーターの設置基数なども含め、議論は長年平行線をたどってきた。

 しかし、昨年4月、国道43号と阪神高速神戸線を通行する大型車を阪神高速湾岸線へ誘導する「環境ロードプライシング」(ロープラ)の本格実施が、歩み寄りの兆しになった。

 10月、尼崎市内で行われた原告団と国両者の連絡会では、ロープラが順調に推移していることを受け、国交省側が歩道橋に4基のエレベーターや壁板を設置することを正式に提案。原告団側も同意し、患者に大きな負担を強いてきた歩道橋が生まれ変わることが決まった。

 「どんなに待ちこがれてきたか。粘り強く交渉した結果が実った」と、尼崎市南部の公害患者の願いを長年聞いてきた原告団長の松光子さん(78)。住民が毎日利用する歩道橋のバリアフリー化は長年の悲願。一方で、実現まで10年もの時間を費やしたことに疑問や不満の声もある。松さんは「国側は、私たちが交渉をあきらめるのを待っていたのではないか。完成に3年もかけないでほしい。患者らは、一日も早い渡り初めの日が来ることを願っている」と訴えている。

再診料引き下げ阻止などを小沢幹事長に提言―民主議連(医療介護CBニュース)
市有地神社「違憲」、氏神様など数千件影響も(読売新聞)
首相と小沢氏を追及へ 産経・FNN合同世論調査(産経新聞)
<地震>北海道広尾町で震度2 午前1時26分ごろ(毎日新聞)
重要民俗文化財 沼津内浦・静浦の漁労用具など5件答申(毎日新聞)
[PR]
by i8sr1gjc21 | 2010-01-24 06:23
 日本経団連の御手洗冨士夫会長が24日の自民党大会に欠席することが21日、分かった。経団連は同党と密接な関係にあるが、政権交代で民主党との関係構築が急務となっており、自民党内では「政権与党の民主党に遠慮したのではないか」との見方も出ている。
 経団連会長は例年、来賓として党大会に出席してあいさつしており、今回も出席する予定だった。関係者によると、経団連側から中国出張のため会長は欠席するとの連絡があったという。 

【関連ニュース】
【特集】話題騒然 ファーストレディー
〔写真特集〕華麗なる仏大統領夫人 カーラ・ブルーニ
首相「小沢氏は同志」=メルマガでも擁護
小沢氏擁護で一体=「潔白信じる」、可視化でけん制
労使の信頼関係揺るがす=定昇見直しに反論

自民の予算対案は総額89兆円 子ども手当、戸別補償などカット(産経新聞)
【中医協】「5分要件」廃止後、“お薬外来”を不算定に―安達委員が提案(医療介護CBニュース)
石川衆院議員 政治資金規正法違反容疑で逮捕へ…東京地検(毎日新聞)
ネットワークは粘菌に学べ 単細胞でも効率的な経路形成(産経新聞)
強盗致傷などで山口組淡海一家の幹部ら11人逮捕(産経新聞)
[PR]
by i8sr1gjc21 | 2010-01-23 08:52
 近畿2府4県で多くの私立中学校の入試が16日、始まった。大阪、兵庫、京都では、深刻な不況の影響で各府県の私学団体の中間発表で軒並み平均倍率が低下している。

 大阪府では、65校中63校(中等教育学校1校を含む)で試験があり、受験生が引き締まった表情で答案用紙に向かった。13日午後3時現在の志願者数は9898人で、平均倍率は前年度より0.07ポイント低い1.38倍。

 大阪私立中学高校連合会は「府が昨年実施した私学助成削減に伴う授業料値上げと長引く不況で、厳しい状況が続いている」としている。【田中博子】

【関連ニュース】
12の春よ来い:親子の中学受験日記/7 「個別併用」「転塾」…心揺れ
中学入試:府内私立中の出願状況 64校平均1.38倍 /大阪
中学入試:府内私立中の出願中間状況、平均2.4倍  /京都
中学入試:私立中、平均4.09倍−−県内出願、中間状況 /奈良
中学入試:県内私立校出願状況 出願者が減少 平均2.67倍 /兵庫

張り切る輿石幹事長代行 小沢氏擁護に東奔西走(産経新聞)
書道 平安中期の藤原佐理の書状を初公開 広島県福山市で(毎日新聞)
首相動静(1月14日)(時事通信)
絵筆が癒やす伴侶の死 震災乗り越え、脳性まひの女性が個展(産経新聞)
こんにゃく入りゼリー「餅に次ぐ窒息事故頻度」(読売新聞)
[PR]
by i8sr1gjc21 | 2010-01-22 13:26