家庭教師も厳しい時代になりました。


by i8sr1gjc21

<   2010年 02月 ( 26 )   > この月の画像一覧

 《冒頭に特捜部の検事が追加質問。倉沢被告が(1)証明書発行に向け便宜を求めた(2)証明書を受け取った−際に村木被告と面会したとする捜査段階の供述を、自分から進んでしたという証言を引き出した》

 《弁護人が村木被告と倉沢被告の面識がないという主張を裏付けるには、倉沢被告の証言を崩す必要がある。まず裁判長にこう求めた》

 弁護人「昨日の図面にさらに書き込みをしてもらいたいので、コピーを用意してほしい」

 《倉沢被告は3日の公判で、村木被告が当時課長だった企画課の部屋の見取り図を書いた。一方で弁護側は部屋を独自に“実況見分”した写真付き報告書を提出している》

 弁護人「検察官とは事前に打ち合わせた?」

 倉沢被告「しておりません」

 《事実は異なったが、この場面では聞き流された。弁護人は倉沢被告に本人の手帳を示し、(1)を問いただしていく》

 《企画課の部屋の中を実際にどう動いたのか、見取り図に赤ペンで書き込ませたが、それに関する質問はない。次回以降の公判に向けた布石だったのか》

 弁護人「村木被告に会社の名刺を渡さなかったのはなぜか」

 倉沢被告「初期的な陳情と位置づけていたので、そう考えなかった」

 《(2)では証明書を受け取ったとされる前後の状況を細かく尋ねた。「証明書が発行された」との電話連絡を倉沢被告が受けたとされることをめぐり、弁護人の言葉が熱を帯びてくる》

 弁護人「電話の相手はだれ」

 倉沢被告「河野君(共犯とされる河野克史被告)だったと思う」

 弁護人「昨日は別の人と言ってなかった?」

 倉沢被告「はい」

 弁護人「昨日と今日で記憶が変わったの?」

 倉沢被告「ちょっとだれからか不鮮明で、昨日は河野君と違うと思ったので、そう申し上げた」

 弁護人「今日は?」

 倉沢被告「河野君ではなかったかと…」

 《厚労省に行った日時、持ち帰った証明書をどこでだれに渡したかの証言も揺らぎ始める。弁護人は改めて手帳を示しながら問う》

 弁護人「(平成16年の)6月1日は、大阪に出張したということですか」

 倉沢被告「はい。大阪から神戸へ」

 弁護人「この日に厚労省へ行ったことはないですね。2日は?」

 倉沢被告「たぶんないと思う」

 弁護人「3日は新宿と書いてあるが、厚労省には行ったか」

 倉沢被告「行く旨が書いてないし、ございません」

 《検察側が冒頭陳述で明らかにした偽造証明書の受け渡し時期は、16年6月上旬ごろ。4日は手帳に「休」とあり、5日は土曜、6日は日曜だった。弁護人は10日まで1日ずつ、質問を重ねたが、倉沢被告は行っていないと答え続ける》

 弁護人「結局…」

 《何か言いかけたが言葉を引き取り「私の方からは以上です」と質問を終えた。検察官は倉沢被告の体調を理由に休憩を求め、再開後に質問に立った》

 検察官「厚労省に行ったときは、必ず手帳に記載していたのか」

 倉沢被告「必ずしも記載していません」

 《さらに検察官は、実際は検察側と事前の打ち合わせをした倉沢被告が、冒頭で否定した点をただした》

 検察官「なぜ勘違いしたのか」

 倉沢被告「打ち合わせ自体がいけないものだという思いがあって…」

 《傍聴席から思わず失笑がもれたが、弁護人はこのやりとりを逃さない》

 弁護人「検察官に言われると、いけないことでも応じるのか」

 倉沢被告「違う」

 弁護人「勘違いと言うが、どういう誤解をしたのか」

 倉沢被告「私は私の意思に基づいて話している。検察官の指示では話していない」

 弁護人「もう結構」

 《裁判官の補充質問では、6月上旬という証明書の受け渡し時期に話題が戻った。再び手帳が示される》

 右陪席裁判官「5月31日からの1週間で、証明書を受け取った可能性のある日は」

 倉沢被告「このページにはありません」

 右陪席裁判官「次のページ、6月7日から10日は」

 倉沢被告「…ございません」

 《倉沢被告は2度、すべてのページを見返したが、受け取った可能性のある日は見つからなかった。裁判長は念を押すように尋ねた》

 裁判長「手帳の5月31日から6月13日のページを見た限りでは、この間に厚労省へ受け取りに行ったことはないか」

 倉沢被告「はい」

 《補充質問は河野被告に対する尋問時より長く、1時間半以上に及んだ》

【関連記事】
郵便不正第4回公判 「証明書受け取り」で応酬
「凛の会」元会長が「村木被告から証明書」と証言 郵便不正事件
村木被告第3回公判詳報 郵便不正事件
元厚労局長公判 証明書受領「記憶ない」と元会員
「私は無罪です」村木被告、毅然と語る 郵便不正事件

首相動静(1月27日)(時事通信)
12月の鉱工業生産、2.2%上昇=経産省(時事通信)
岩国基地の軍民共用化 空港ビルは三セクで設立(産経新聞)
保険金など2千万着服容疑、元郵便局長逮捕へ(読売新聞)
将棋 74歳・有吉道夫九段が敗れ、引退 現役最高齢(毎日新聞)
[PR]
by i8sr1gjc21 | 2010-02-06 12:05
 民主党の小沢一郎幹事長は28日夜、東京・赤坂の日本料理店で民主、社民、国民新の与党3党の幹事長・国会対策委員長ら幹部と会談した。出席者によると、小沢氏は自身の資金管理団体の土地購入をめぐる政治資金規正法違反事件について「予算を仕上げて選挙をがんばっていきたい。いろいろと皆さんにご迷惑をかけている。私の不徳の致すところだ」と陳謝した。そのうえで「私は潔白だ。少し時間がかかるが、証明するために頑張る。検察と国民の皆さんの理解は得られる。近々に決着するだろう」と自信満々に語った。与党幹部らは口々に「がんばれ、がんばれ」と小沢氏激励の乾杯をしたという。

 ただ、又市征治社民党副党首が「自ら(国会の)政倫審(政治倫理審査会)で説明なさったらどうです」と勧めると、出席者は沸いたが小沢氏の「返事はなかった」(出席者)という。

<節分>「福は内」園児350人が豆まき 東京・浅草寺(毎日新聞)
<労働者派遣法>労組や弁護士が抜本改正求める (毎日新聞)
小沢氏進退で駆け引き…民主、党内抗争の兆し(読売新聞)
群馬県、八ツ場ダムの生活再建事業入札開始 政府は見直し示唆(産経新聞)
<公然わいせつ>容疑でNHK職員逮捕 警視庁(毎日新聞)
[PR]
by i8sr1gjc21 | 2010-02-05 15:52
 節分の日の3日、鬼退治にかけて、サンゴを食い荒らすオニヒトデを駆除するイベントが和歌山県白浜町で行われた。

 ボランティアのダイバーら20人が白良浜海水浴場沖のサンゴ群生地に潜り、50分間で23匹を捕獲。陸揚げして大きさなどを測った後、豆を投げつけた。

 同海域はサンゴの群生地としては北限とみられるが、オニヒトデによる食害が広がっている。参加者は「オニヒトデは外!」と“鬼退治”に励んでいた。

【関連記事】
「千年サンゴ」をオニヒトデから守ろう 徳島で駆除のNPO
深海に宝石サンゴの保護区を
成田山で朝青龍辞退の節分豆まき 把瑠都関らが「福は内」
倉科カナら豆まき 大阪の成田山不動尊
帝釈寺で節分会 火渡り修行に200人

広島20件放火1人死亡、47歳男に懲役25年(産経新聞)
<雑記帳>大井川鉄道で「受験生応援SL」運行 静岡・島田(毎日新聞)
ゴーギャン展ホームページ、ウイルス感染(読売新聞)
「社会保障円卓会議」を提案―自民・谷垣総裁(医療介護CBニュース)
山崎拓氏・片山元総務相ら公認せず…自民決定(読売新聞)
[PR]
by i8sr1gjc21 | 2010-02-04 16:08
 米海兵隊普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設問題に絡み、国民新党の下地幹郎政調会長は30日、米空軍嘉手納基地を抱える沖縄市、北谷(ちゃたん)町、嘉手納町の3首長と北谷町役場で会談した。

 下地氏は、政府・与党の「沖縄基地問題検討委員会」に同党が示す嘉手納基地への統合案を説明したが、3首長は反対した。

 統合案は、普天間飛行場のヘリ部隊を嘉手納基地に移す代わりに、嘉手納基地所属のF15戦闘機の一部を三沢基地(青森県)に移し、訓練を関西空港などに分散する内容。

 宮城篤実・嘉手納町長は「戦闘機は減っても騒音が軽減するとは思えない」、野国昌春・北谷町長は「県外・国外移設が県民の思い」、東門美津子・沖縄市長は「グアムへの全面移設ではだめなのか」などと反対意見を述べた。

雑誌 「ホームレスと社会」創刊 明石書店(毎日新聞)
雑記帳 「磁器製ひな人形」お披露目 佐賀・有田(毎日新聞)
覚醒剤使用の警部補を懲戒免職 千葉県警(産経新聞)
<長崎漁船沈没>第2山田丸の船名を再確認 水中カメラで(毎日新聞)
自転車で女性つけ脇腹触る…救急隊員「魔がさした」(読売新聞)
[PR]
by i8sr1gjc21 | 2010-02-03 15:47
 山口比呂志さん81歳(やまぐち・ひろし=文化通信社名誉会長、味の手帖代表、元財界研究所会長)26日、肺炎のため死去。葬儀は近親者のみで済ませた。お別れの会を後日開く予定。喪主は妻和子(かずこ)さん。

 著書に「日本崩壊」「自民党二大分裂」などがある。

2次補正採決、自・共「反対」公・み「賛成」(読売新聞)
首相、閣僚に自制要求=官房長官は陳謝−亀井発言(時事通信)
<警官発砲死>遺族の請求棄却、未必の殺意認める 奈良地裁(毎日新聞)
<学生音コン>入賞者演奏会と表彰式 東京大会(毎日新聞)
NHK、視聴者への不適切対応で担当者契約解除(読売新聞)
[PR]
by i8sr1gjc21 | 2010-02-02 19:43
 JR九州は26日、九州新幹線鹿児島ルートを来年3月に全線開業すると発表した。全線開業に伴って新設される博多−新八代間の3駅の名称も正式に決定した。今年中にダイヤや運賃なども発表する見通し。

 これまでは全線開業を「11年春」としてきた。新しい3駅は「新鳥栖」(佐賀県鳥栖市)、「新大牟田」(福岡県大牟田市)、「新玉名」(熊本県玉名市)で、いずれも従来つけていた「仮称」を外した。福岡県筑後市内の駅「船小屋」は「筑後船小屋」に改名する。JR鹿児島線と併設する「久留米」(福岡県久留米市)と「熊本」(熊本市)の駅名は従来どおり。

 九州新幹線の全線開業後の所要時間は、博多−鹿児島中央間が約1時間20分(現行2時間12分)。新大阪−鹿児島中央間を直通運転する「さくら」は約4時間。

【関連ニュース】
九州・山口テーマパーク:今年の目標、将来の夢 /九州
どうする!?4大事業:知事選/1 九州新幹線長崎ルート /長崎
九州新幹線:長崎ルート 民主県連に見直し請願 反対で市民団体が署名添え /佐賀
帰省ラッシュ:帰省客で混雑 今日ピーク−−鹿児島中央駅 /鹿児島
丸善:博多駅ビル出店 新幹線来春全通、広域からの集客期待

小沢氏進退、選挙最優先で判断を=野田副大臣が言及(時事通信)
普天間「民意は重い」=次期名護市長と会談−小沢氏(時事通信)
小沢氏、沖縄に土地 辺野古から9キロ投機か 17年購入(産経新聞)
押尾容疑者を保護責任者遺棄致死罪で起訴(産経新聞)
検視官の出動数43%増=解剖率は小幅上昇−警察庁(時事通信)
[PR]
by i8sr1gjc21 | 2010-02-01 18:23